和歌山での葬儀・お葬式は創業明治5年の葬儀社「慶集社」へ

和歌山での葬儀・お葬式は創業明治5年の葬儀社「慶集社」

和歌山の葬儀・葬式は慶集社へ

和歌山で、葬儀について今すぐ決めなければならない方
葬儀の事前の準備や知識はこの下のコンテンツから
更新履歴
お葬儀の費用
2014/4/3
■ホームぺージをリニューアルしました。
これからも慶集社をよろしくお願い致します。

よく読まれている葬儀関連コンテンツ

葬儀費用の誤算(考えていた費用と実際の内容とのギャップ)
故人様の親戚や知人の皆様へのお知らせの遅れ
故人様や自分たち家族にとって本当に納得できる葬儀であったかどうかという事後の反省
ただあわただしい中で葬儀が終わってしまい、送ってあげたという実感が湧かない
故人様との絆の確認ができなかった(遺してくれた様々なものを見ながら思う)
一般の方への連絡・対応(香典など)

しっかりと葬儀の準備を
先ずしっかりと葬儀というものはどういうものなのかという知識を付け、事前に信頼できる葬儀社としっかりと話し合って見積もりを作ることが大切です。
葬儀の希望をこのノートのようなものを使ってしっかりと書面にして残しておくことと同時に、家族に伝えておくことで、いざという時も遺されたご家族はお別れの儀式で後悔することなく、充足感の得られるお葬儀が出来ます。 何事もそうですが、事前に準備しておいてあげることが大切なのです。

■以下のコンテンツをお読みいただくといざという時にお役にたちます。

お葬儀に備えて(メモリーノート) 慶集社のお葬儀の流れ お葬儀の費用

よく読まれている葬儀関連コンテンツ

家族葬の正しい形 ご香典はいろいろ考えてから決めましょう 菩提寺は重要!

慶集社からのお知らせ

美粧衛生師

2014/09/08

先日当社で採用している「美粧衛生師」関連のことが新聞に掲載されていました。

内容はについては以下の通りです。

高度医療化が進み、約8割が医療施設で無くなる一方、超高齢化社会の中、一人で亡くなる例も増えている。
「葬儀で故人様にかかわる方たちの衛生面のケアを行うには、医療、警察、葬祭業者の連携が重要です」と指摘するのは、美粧衛生師で遺体感染管理士でもある「慶サービス」代表の平野泰寛さん。

「遺体は時間の経過と共に死後変化が起こり、血液や体液が流出するケースがあり、生前からの病気にかからわず感染事故の危険があります。ですが、遺体の状態について医療施設や警察等からほとんど情報提供されないのが現状」と解説する。

平野さんの働きかけで、日本赤十字社和歌山医療センターは昨年から、辻本登志英 集中治療部部長・救急部副部長の指導のもと、死亡診断書と一緒に感染予防を目的とした遺体の「状態チェック表」を遺族に手渡すシステムを導入。
和歌山県警察も今年5月から、和歌山市内で発見された遺体について、遺体検案書と共に同チェック表を渡す試みを始めた。
全国的にも新しい取り組みで、平野さんは「状態チェック表できちんと情報を葬祭業者に引き継ぐことで、感染の心配なく安心して故人様とのお別れをしていただくことができます」と話している。

▲このページの上に戻る

慶集社コンテンツ

和歌山の葬儀社、慶集社と当webサイトについて

関係企業(外部リンク)

美粧衛生「慶サービス」

有限会社 慶集社

〒640-8117 和歌山県和歌山市南細工町14

当サイト内の写真や文章、すべての内容につきまして無断転載・転用は、これを固くお断りいたします。

ネットショップ制作とネットショップ運営代行【e.C.MORIMOTO】